自動車の相続の記事一覧 - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 自動車の相続

自動車の相続

自動車の相続

遺産相続のときに対象となる財産と言えば預貯金のような現金や建物・土地といった不動産、さらに株式や公社債などが良く知られています。
これらはいずれも規模が大きくなりやすい財産ですし、一般的に相続する財産の対象になるケースが多いですからイメージされやすいのでしょう。
しかしもっとも身近にも遺産相続の対象となる財産はたくさんあって、その代表的なものが自動車です。
自動車は四輪だけでなく、大型・中型のバイクなどもすべて相続の対象となりますから、誰が相続するのかしっかり決めておかなければなりません。

≫ 『自動車の相続』

自動車の相続

遺産相続の対象となる財産は土地や建物といった大きなものから日常生活で使っていたものまで幅広くありますが、家庭に必ずあるものと言えば自動車があげられます。
自動車は現在日本では一家に一台が当たり前の時代になっており、4輪の車もあればバイクもあり、メーカーや形など様々な種類があります。
こうした自動車は当然遺産相続の対象となる財産ですし相続する可能性の高いものなので、遺産相続する前にどのような流れで進めていけばいいのか知っておくといいでしょう。
≫ 『自動車の相続』

自動車の相続

大切な家族が亡くなったら悲しみに暮れる間もなく葬儀を行い、それが終われば今度は遺産相続について話し合わなければなりません。
遺産相続と聞くと「トラブルになりやすい」「親族間の仲が悪くなる」というイメージがありますが、これは決して他人事ではなくどこの家庭でも起こりうることです。

≫ 『自動車の相続』

自動車の相続手続き

遺産相続と聞くとどうしても土地や建物などの不動産や株式や公社債、会社の権利など大きなものをイメージしてしまいますが、一般家庭でそのような大きな財産を所有しているところはそれほど多くありませんし、あっても自宅の土地や建物くらいだと思います。
一般家庭の財産の中でもっとも相続する可能性が高い財産と言えば自動車があげられ、これはほとんどの家庭で対象となるはずです。
そこで今回は自動車の相続手続きはどのようにして行うのか解説していきますので参考にしてください。

≫ 『自動車の相続手続き』

自動車の相続税評価はどうやる?

自動車はもはや一人一台持っていてもおかしくない時代で、亡くなった人が車を持っていた場合も多く発生しています。
どんな高齢者でも買い物のために自動車が必要だったりしますから、親が高齢だといっても関係はありません。
被相続人が自動車を持っていたなら、それも相続財産に入ります。
そしてそれも含めて総額いくらの遺産相続になるのかを調べ、相続税の計算をしないといけません。

≫ 『自動車の相続税評価はどうやる?』

相続する自動車を廃車にはできる?

自動車といえばとても便利な乗り物で現代人の必須アイテムのように思えますが、住んでいる地域によってはいらないこともあるでしょう。
都会に住んでいると地下鉄などの公共交通も多いですから、別に車がなくても困りません。
むしろ持っていると維持費や駐車場代が高くつきますから、そのようなエリアに住んでいる人なら、相続する自動車も廃車にしたいでしょう。

≫ 『相続する自動車を廃車にはできる?』