自動車の相続の記事一覧 - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 自動車の相続

自動車の相続

相続した車両の評価

車を相続するとき、その車両の評価が必要になる場合も多いです。
財産を相続したときは、総額いくらの財産を相続したのか、その評価額を出す必要があるためです。
これに応じて相続税がかかるかを判断します。
このときには相続した財産をすべて調べ、現金価格で総額いくらあるのかを調べるのですが、このときにはもちろん相続する車両も含める必要があります。

しかし車両は現金と違って、その価値がいくらとはすぐにわかりませんよね。
100万円の現金の価値は100万円ですが、故人が残した車両が現金価格でいくらなのか、すぐには判断がつけられません。
このときは指定の方法で評価することになります。

その評価の方法ですが、これはその車両の買取価格が基準となります。
つまりその車両を相続した時点で売却するとき、買取業者などがつける値段が、そのまま評価額として使えるということです。
複雑な計算などは必要ない、比較的シンプルな評価方法となります。

この車両の評価方法を使うとき、似た価格と間違えないように気をつけてください。
よくあるのが、その故人が残した車と同じモデルの中古車の販売価格を参考にすること。
これは相続する車の評価方法としては、あまり使えない方法です。

中古車の販売価格には、それを売ることで得られる業者の利益分が上乗せされています。
つまりその車両の純粋な評価額ではないわけです。
こちらの価格を参考にすると、本来の評価額よりも高くなり、相続税の計算をするときに税金がかかりやすくなります。
相続人にとって不利な評価方法となりがちですから、なるべくその車両の買取価格の方を調べてください。

これを調べるには、どうしたらいいでしょうか?
たとえば、売却したい車の条件を入力し、買取時の参考価格を表示するサイトを利用すると、おおよその評価額がわかります。
簡単に評価額を知りたいときには便利な方法ですが、しかしこちらはあくまで参考価格となるため、正確な値段はわかりません。

一番確実なのは、試しに買取査定を受けてみることです。
このときに買取業者などから実際に提示される見積額が、比較的正確な評価額となります。

なお、査定を実際に受けるとき、相続のための評価額を知りたいためといった事情は、無理に説明する必要はありません。
手軽に査定を受けられる業者もありますから、そちらを利用し、仮に売ったとしたらいくらになるのか、それを調べてください。
なお、相続する車両の評価額は、相続が開始された時点での買取価格を使用します。
それより以前に調べた買取査定額は使えませんので、改めて評価額を調べてください。

相続した車を廃車にしたい

故人が車を持っていた場合、その車も相続財産になります。
しかし車はお金もかかりますし、停めておく場所も必要です。
普段車に乗っていない方がこれを相続する場合、特にメリットがないため、そのまま廃車にしたい方もおられるでしょう。
このときはどうすればいいのでしょうか?

基本的な流れは、まずは車の相続の手続きを済ませたあと、廃車手続きを取ります。
相続の手続きが終わらないうちは、廃車の手続きはできません。
なぜかというと、車は持ち主が指定されており、その持ち主だけが売却や廃車の手続きができるためです。
それ以外の方がそれをできると、知らないうちに車が売られたり、廃車されたりする恐れがありますから、これら手続きは持ち主限定となっています。

これから相続する車で問題になるのは、この持ち主情報です。
故人の持ち物だった車なら、正式な持ち主は故人の名前になっているはずです。
この状態では、故人しかその車の売却や廃車ができません。
そのためまずは相続手続きを取り、その車の持ち主情報を相続した方に変更します。

このときに必要なのが、故人が死亡したことや、相続人がその車を相続したことを証明できる書類です。
故人の死亡の事実がわかる戸籍謄本、相続人全員の記載がある戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本、車を相続する方の印鑑証明書、遺産分割協議書などが必要になります。
このほか、その車に関する書類として、車検証や車庫証明書も必要になりますから、これら一連の書類を揃えて、陸運局で手続きをします。
少し手間がありますが、これで故人の車の名義変更ができれば、あとは相続した方の意思で車を廃車できるのです。

ポイントは相続した車の名義変更となります。
これが少し手間ですが、相続する車の種類によっては、少し簡単な手続きでこれをやれることもあります。
これができるのは、その車の価値が100万円以下と、あまり価値が高くないときです。
このときは少し簡単な手続きとなり、必要書類が少し変わります。

その車を相続する方が一人で用意できる書類だけで手続きができるようになり、車を相続しない他の相続人の書類や捺印などが不要になるのです。
そのため比較的簡単に車を相続でき、廃車手続きもややスムーズになります。

相続した車の廃車はこのようになるのですが、この名義変更の手続きだけを代行してくれたり、その後の廃車や売却まで含めてノンストップで対応してくれたりする業者もいます。
あまり手間をかけたくないときは、これら業者を利用するといいでしょう。

車の相続と売却

遺産相続はどの家庭でもやることになると思いますが、対象となる財産は家庭によって異なる場合があります。
ただほとんどの家庭で相続の対象となるのが車で、これから遺産相続をする可能性があるならやり方をきちんと覚えておいたほうがいいでしょう。
≫ 『車の相続と売却』

自動車の相続

遺産相続の対象となる財産はたくさんありますが、一般家庭でも相続する可能性の高い財産として自動車があげられます。
自動車は一家に一台はあるところがほとんどですし、地方都市だと自動車はメインの移動手段になることも多く、かなり高い確率で相続の対象になるのではないでしょうか?
≫ 『自動車の相続』

車の簡易相続手続き

故人が車を持っているケースは比較的よくありますが、そのときは車も相続財産となります。
このときの相続手続きとして、名義を変更しないといけません。
車は所有者を確定する資産となるため、相続前のその車の名義は故人の名前になっているのが普通です。
これを相続した方の名前に変更する手続きが必要なのですが、このときの手続きには多くの書類が必要になり、手間がかかります。
これを簡易な手続きで終わらせる方法もあります。
≫ 『車の簡易相続手続き』

車の相続の書類

現在は車社会ですから、故人が車を持っていたことも多いでしょう。
そのときには車も相続財産に含まれます。
不動産に比べると身近な資産だと思いますが、身の回りのこまごました日用品に比べると少し高価な資産になります。
これを相続するときには日用品に比べると少し手間があり、いくつか揃えるべき書類があります。
≫ 『車の相続の書類』

車の売却

車は遺産相続の対象となる財産の中でも特に相続する可能性の高いものですから、相続するときの流れをよく把握しておかなければなりません。
そして相続したあと、その車を売却する人も多いと思いますが、売却するときにも手順がありますので、そちらもきちんと覚えておきましょう。

それでは今回は車を相続し、売却するときの流れとポイントをお伝えしていきますので、車を相続した人やこれから相続する可能性のある人は参考にしてください。
はじめに車の相続の流れですが、必要な書類は相続人ひとりの場合「被相続人が亡くなったことの記載がある戸籍(除籍)謄本」「相続人すべての記載がある戸籍(除籍)謄本」「相続人すべての戸籍謄本」「名義を取得する相続人の印鑑証明書」「遺産分割協議書」「車検証」「車庫証明」になります。
≫ 『車の売却』

自動車の相続

被相続人となる人が自動車を所有していた場合、亡くなったあとにそれが財産になりますので相続手続きをする必要があります。
自動車は一般家庭のほとんどが所有していると思いますので、遺産の中ではもっとも相続する可能性の高いものと言えるでしょう。

しかし自動車の相続は意外と面倒なことも多く、相続するまでの流れをあらかじめ把握しておかないと何をしていいのか分からなくなってしまいます。
そこでここでは自動車の相続をスムースにするために相続に必要なものや、やらなければならないことを紹介していきます。
≫ 『自動車の相続』

車両の評価

遺産相続の際に自動車を相続する人も多いと思いますが、相続にあたってまずやらなければならないのは車両の評価です。
これは自動車だけに限らずすべての相続財産が対象になります。

≫ 『車両の評価』