相続する自動車を廃車にはできる? - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 自動車の相続 » 相続する自動車を廃車にはできる?

相続する自動車を廃車にはできる?

自動車といえばとても便利な乗り物で現代人の必須アイテムのように思えますが、住んでいる地域によってはいらないこともあるでしょう。
都会に住んでいると地下鉄などの公共交通も多いですから、別に車がなくても困りません。
むしろ持っていると維持費や駐車場代が高くつきますから、そのようなエリアに住んでいる人なら、相続する自動車も廃車にしたいでしょう。

それをすぐに廃車にできれば、相続手続きもしなくてよくなります。
高価な車なら、それがあるおかげで相続税がかかることもあるわけですから、普段からあまり車を使わないなら相続前にすぐ廃車にしたいと思うのではないでしょうか。
そのようなことができるのかというと、あまりできません。
そもそも自動車は所有者が誰になるのか、車検証などにハッキリ書いてあります。
亡くなった身内が所有者となっているその車を、いくら身内の者だからといって勝手に処分はできないんです。

また、相続があったら、被相続人が持っていた持ち物は基本的に相続財産になります。
特に自動車のように高価なものは、主な財産としてちゃんと扱わないといけません。
それを隠れて廃車処分にしてなかったことにするのは、ルール違反です。
この意味でも、相続するその自動車がいらないからといって、勝手に廃車にはできません。

ただし相続手続きをちゃんとやったあとなら、廃車にするのは自由です。
一度手続きが終われば、その車は相続した個人のものですから、いらないと思えば自分の意志で処分もできます。
このときの方法は、特殊なものではありません。
自分が買った車を自分で廃車にするときと同じ手続きになります。
近くのディーラーなどに相談して手続きをお願いすれば、すぐにその車を処分できるでしょう。

これがおおよそ普通の方法になるかと思いますが、ディーラーによっては相続手続きと一緒に廃車もやってくれることもあるようです。
普通はまず自分でその自動車を相続して、それが終わってからディーラーなどに廃車手続きを依頼するのですが、これを最初から全部ディーラー側でやってくれます。
相続人にとっては、相続で回ってきたその車の扱いを全部ディーラーに丸投げできるため、とても楽です。

その代わり費用が高くなります。
もしその自動車を高額買取などできるなら、その費用を含めても自分に返ってくるお金があるでしょうが、廃車にしかできない車なら、余分な手続きを頼んだだけ費用が高くなるだけです。
あまりお金をかけたくないなら、自分で一度相続し、自分のものにしてから廃車手続きをするといいでしょう。