自動車の相続手続き - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 自動車の相続 » 自動車の相続手続き

自動車の相続手続き

遺産相続と聞くとどうしても土地や建物などの不動産や株式や公社債、会社の権利など大きなものをイメージしてしまいますが、一般家庭でそのような大きな財産を所有しているところはそれほど多くありませんし、あっても自宅の土地や建物くらいだと思います。
一般家庭の財産の中でもっとも相続する可能性が高い財産と言えば自動車があげられ、これはほとんどの家庭で対象となるはずです。
そこで今回は自動車の相続手続きはどのようにして行うのか解説していきますので参考にしてください。

まずはじめに自動車の相続手続きと言ってもいろいろなパターンが考えられると思いますので、いくつか例をあげてみましょう。
ひとつめは単独で相続するケースで、これはもっとも多いパターンだと思いますが、単独相続人になる場合は自動車の名義変更手続きを行うための書類や廃車手続きをするときに必要な書類、さらに相続人の戸籍謄本と印鑑証明書を準備します。

ふたつめは相続人が複数で1台の自動車を相続する場合で、これは名義変更や廃車手続きに必要な書類に加えて相続人全員が記載されている戸籍謄本や相続人全員の印鑑証明書、さらに遺産分割協議書が必要になります。
遺産分割協議書は相続人全員が揃って用意しなければ効力がありませんので、必ず相続人全員の署名があるものを準備してください。

そして意外と多いのが自動車を処分したい場合で、これはそのまま所有していても誰も乗らないしその間にも自動車税などの納税通知は来るのでできるだけ早く手続きをはじめたいところです。
こういったケースのときに役立つのが中古車買い取り業者で、最近ではインターネット上で無料見積もりもできますから、できるだけ高く買い取ってくれる業者を探しやすいと思います。
業者が見つかったら査定を行い、その結果に満足できれば買取という流れになります。

そして自動車を他人に譲渡したい場合というのもあると思いますが、この場合はまず相続人が名義変更を行ってから、譲渡したい人へ再度名義変更をする必要があります。
このように自動車の相続手続きにはいろいろなパターンが考えられますから、自分が相続するときに備えてそれぞれのやり方を理解しておきましょう。
詳しいことは相続問題に詳しい専門家に相談してもいいですし、インターネット上でも数多くの情報が出ています。
最近ではインターネット上で無料相談を受け付けている法律事務所もありますので利用してみてもいいかもしれません。