自動車の相続 - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 自動車の相続 » 自動車の相続

自動車の相続

遺産相続のときに対象となる財産と言えば預貯金のような現金や建物・土地といった不動産、さらに株式や公社債などが良く知られています。
これらはいずれも規模が大きくなりやすい財産ですし、一般的に相続する財産の対象になるケースが多いですからイメージされやすいのでしょう。
しかしもっとも身近にも遺産相続の対象となる財産はたくさんあって、その代表的なものが自動車です。
自動車は四輪だけでなく、大型・中型のバイクなどもすべて相続の対象となりますから、誰が相続するのかしっかり決めておかなければなりません。

自動車を相続する場合、必要になるのは名義変更の手続きですが、その前に遺産分割協議を行って誰が相続するのかを決める必要があります。
自動車は必ずしも単独名義人である必要はありませんが、その後のことを考えるとできれば単独で名義変更したほうが楽だと思います。

それでは名義変更についてですが、今回は普通自動車と軽自動車の2種類を例にあげていきます。
はじめに一般自動車の名義変更をする場合、陸運局へ行って手続きをします。
必要書類は相続人一人の単独名義にするなら故人の死亡の記載のある戸籍(除籍)謄本、相続人全員の記載がある戸籍(除籍)謄本、相続人すべての戸籍謄本、名義を取得する相続人の印鑑証明書、遺産分割協議書、車検証、車庫証明書を用意してください。
戸籍謄本や除籍謄本、印鑑証明書は発行してから3カ月以内のものでなければ無効になりますので注意しましょう。

次に名義人が複数になる場合は共同相続人すべての戸籍(除籍)謄本や印鑑証明書が必要になります。
また、被相続人と同じ住所で自動車を使用する場合、車庫も同じ場所で使用することになりますから、車庫証明は不要になりますのでこちらも覚えておくといいでしょう。

軽自動車の場合も基本的には普通自動車と変わりませんが、手続きする場所は陸運局ではなく軽自動車検査協会になります。
陸運局も軽自動車検査協会も各地域に必ずありますので、まずは最寄りのところを調べてどのように手続きをすればいいのか問い合わせてみるといいでしょう。

自動車の名義変更は意外と面倒なことも多いですから、インターネットで調べるだけでなく専門家に詳しい話を聞いたほうが間違いありませんし、ミスがあると何度も通わなければならないので手間がかかります。
一度でスムーズに終わらせるためにも、流れをしっかり把握することと必要書類をすべて揃えてから動くことを意識してください。