相続した車を処分したい - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 自動車の相続 » 相続した車を処分したい

相続した車を処分したい

遺産相続するときにかなり高い確率で相続する可能性のある財産に車が挙げられます。
車は多くの家庭にありますし、車がメインの交通手段になるエリアに住んでいると複数台所有しているケースもめずらしくないでしょう。

しかし必ずしもすべての相続人が車を相続して所有し続けるわけではなく、中には処分してしまいたいと考えている人もいます。
それでは相続した車を処分するにはどのような方法があるのでしょうか?

まずはじめに車を相続するにあたってやらなければならないのが、車そのものの評価と相続人の確定で、これは車に限らず遺産相続するときにやらなければならないことです。
戸籍調査と財産調査を行うのですが、戸籍調査によって誰が相続人になるのか確定させ、財産調査によって車の評価額を出します。

車の評価額は中古車買い取り業者などを利用するケースがほとんどで、査定してもらった結果をそのまま評価額にします。
誰が相続するのか決まったら処分するとしてもまずは相続手続きをして相続を完結させます。

車の相続に必要な書類は遺産分割協議書・戸籍謄本・印鑑証明書・住民票で、これらを持って陸運局で名義変更を行ってください。
名義変更が終わったら処分の手続きに移りますが、車の処分方法は2つの方法があって、ひとつは廃車にする、もうひとつは中古車買い取り業者に依頼して買い取ってもらう方法があります。

廃車にする場合は車の専門業者に引き取ってもらうのが一般的で、買ったお店に問い合わせてみるといいでしょう。
またどうしても自分でやるという場合は解体屋へ自分で依頼して手続きをしますが、コストがかかりますので専門業者に依頼するのがおすすめです。

また、最近では中古車買い取り業者に買い取ってもらう人も多く、年式がそれほど古くなかったり人気の高い車種だったりすると高い価格で買い取ってもらうことができます。
中古車買い取り業者を利用するときにはまず査定をしてもらわなければなりませんから、あらかじめ買取してもらうことを前提に最初の段階で決めておくと二度手間になりません。

中古車買い取り業者は全国各地にたくさんありますし、特定の店舗を持たない業者やオークション代行業者などいろいろな種類がありますので、どこに売るのがベストか調べてみましょう。
ただし中には悪質な買い取り業者もいるみたいですから、査定の依頼をする前にインターネットなどで必ず業者の情報をチェックしてください。