車両の評価 - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 自動車の相続 » 車両の評価

車両の評価

遺産相続の際に自動車を相続する人も多いと思いますが、相続にあたってまずやらなければならないのは車両の評価です。
これは自動車だけに限らずすべての相続財産が対象になります。


遺産相続は被相続人が亡くなったその日からスタートとなり、通夜・葬式が終わったらさっそく取り掛かることになります。
はじめに遺言書の有無を確認して遺言書が残されている場合は裁判所での検認を行い、問題がなければそこに記載されている通りに進めていきます。(公正証書遺言の場合は検認は不要)

遺言書が残されていない場合は法定相続人と相続財産を確定させなければいけませんので、戸籍調査と財産調査を並行して行います。
このときに車両の評価もしてしまって、すべての財産の評価が確定したら遺産分割協議を行います。

遺産分割協議とは誰がどの財産を相続するのか協議することで、法定相続人全員が揃っていなければなりません。
もし全員揃っていない場合はそこで協議したことが無効になってしまいますから、必ず全員揃っているかを確認すること、どうしても参加できない場合はそれを了承していることを確認してください。

遺産分割協議で車両を相続することが決まったら、あとは相続人自身が名義変更手続きを行い、その後どうするのかを決めます。
名義変更は陸運局で行いますが、相続手続きの際に必要になる書類は遺産分割協議書・戸籍謄本・印鑑証明書・住民票になります。

また、車両の評価方法ですがこれは中古車買い取り業者に依頼するのがおすすめで、査定から買い取りまでスムーズですし廃車にするとお金がかかってしまいますが買取なら収入になるからです。
中古車買い取り業者に依頼するときにはまず業者探しをしなければなりませんが、最近ではインターネット上に中古車買い取り業者の専門サイトも開設されており、そこで情報収集や一括見積ができますので利用してください。

そして中古車買い取り業者の評価も調べておくほうがいいので、口コミが書かれている専門サイトを利用したりSNSサイトなどを利用してどんな業者なのか情報収集してみましょう。
その結果、納得出来たら査定申し込みを行い、査定の日時を決めます。

査定は基本的に指定した場所ならどこで来てくれますので、自宅である必要はなく職場でも構いません。
査定結果に納得できたら買取手続きに入り、入金があった段階で完了となります。

自動車を相続するときには相続についてだけでなく、中古車買い取り業者についても調べておくとスムーズに手続きができます。