自動車の相続 - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 自動車の相続 » 自動車の相続

自動車の相続

被相続人となる人が自動車を所有していた場合、亡くなったあとにそれが財産になりますので相続手続きをする必要があります。
自動車は一般家庭のほとんどが所有していると思いますので、遺産の中ではもっとも相続する可能性の高いものと言えるでしょう。

しかし自動車の相続は意外と面倒なことも多く、相続するまでの流れをあらかじめ把握しておかないと何をしていいのか分からなくなってしまいます。
そこでここでは自動車の相続をスムースにするために相続に必要なものや、やらなければならないことを紹介していきます。

はじめに自動車の相続に必要になるものですが、一人の相続人が相続する場合は「被相続人が亡くなったことの記載がある戸籍(除籍)謄本」「相続人すべての記載がある戸籍(除籍)謄本」「相続人すべての戸籍謄本」「名義を取得する相続人の印鑑証明書」「遺産分割協議書」「車検証」「車庫証明」になります。
これらをすべて準備しなければなりませんから、必要なものを揃えるだけでも意外と大変かもしれません。

中でも遺産分割協議書を作成するのは財産調査や戸籍調査をして財産と相続人を確定させ、相続人全員で協議して納得しなければなりませんので、作成までに時間がかかることがありますし、そこで揉めてしまうとなかなか手続きができなくなる可能性もあります。
ですから、遺産分割協議書の作成が必要になる場合はあらかじめ司法書士や弁護士などの専門家に間に入ってもらって、スムーズに進められるように準備しておくことをおすすめします。

そして車庫証明は被相続人と同じ車庫をと同居していた相続人が引き継ぐ場合は不要になります。
車庫証明が必要になるケースというのは被相続人と異なる住所で車庫を利用していた場合ですから、たとえば同じ車庫を使っていても同居しいなければ車庫証明は必要になりますので注意してください。

また、遺言書が残されている場合は遺言書の内容が優先されますので、裁判所で検認してもらい問題がなければその内容に沿って進めていきましょう。
次に相続するための手続きですが、これは陸運局で名義変更をすればいいので先ほどお伝えした必要なものを持参して名義変更してください。

このように自動車の相続は少しややこしい部分もありますから、ややこしい部分をクリアにしてから進めていくのがいいかもしれません。
インターネット上にも数多く情報が掲載されていますから、まずは情報収集してみるといいでしょう。