車の売却 - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 自動車の相続 » 車の売却

車の売却

車は遺産相続の対象となる財産の中でも特に相続する可能性の高いものですから、相続するときの流れをよく把握しておかなければなりません。
そして相続したあと、その車を売却する人も多いと思いますが、売却するときにも手順がありますので、そちらもきちんと覚えておきましょう。

それでは今回は車を相続し、売却するときの流れとポイントをお伝えしていきますので、車を相続した人やこれから相続する可能性のある人は参考にしてください。
はじめに車の相続の流れですが、必要な書類は相続人ひとりの場合「被相続人が亡くなったことの記載がある戸籍(除籍)謄本」「相続人すべての記載がある戸籍(除籍)謄本」「相続人すべての戸籍謄本」「名義を取得する相続人の印鑑証明書」「遺産分割協議書」「車検証」「車庫証明」になります。

これらの必要書類を取得して名義変更をしますから、陸運局で手続きをしてください。
車庫証明が必要になるのは被相続人と異なる住所に住んでいた場合で、同じ住所で同じ車庫を使っていたときには不要になります。

ただし同じ車庫を使っていても住んでいる住所が違うと車庫証明は必要になりますので注意してください。
次に車の売却ですが、これは基本的に中古買い取り業者に任せるのが一番おすすめで早いと言われています。

今中古車買い取り業者は非常に数が多くなってきており、知名度の高い大手の業者から、店舗を持たないインターネット専門の業者、オークション代行業者などいろいろとありますので、まずは業者の情報を仕入れるところからスタートしたほうがいいでしょう。
できるだけ時間をかけずにスムーズに売却したいということであれば、やはり大手の中古車買い取り業者がおすすめで、特に大衆車を売るなら高く買い取ってもらえる可能性があります。

売却の流れとしてはまず車の査定を行いますので、査定の日時・場所を業者側と打ち合わせをして決めます。
査定当日になったら業者の査定員が指定の場所へ来ますので、そこれチェック事項をひとつひとつチェックしていき、最終的な評価を下して業者へ連絡します。

査定結果によって買い取る金額が決まりますので、そこで納得できれば売却の手続きへ移ります。
できるだけ高く売りたいのであれば売る前にあらかじめ車を綺麗にしておくのがポイントで、内装のゴミを取り除いたり軽く洗車するくらいで構いませんのでやっておきましょう。

あまり本格的にやるとお金がかかってしまいますので、そこまでやる必要はありません。