車の相続の書類 - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 自動車の相続 » 車の相続の書類

車の相続の書類

現在は車社会ですから、故人が車を持っていたことも多いでしょう。
そのときには車も相続財産に含まれます。
不動産に比べると身近な資産だと思いますが、身の回りのこまごました日用品に比べると少し高価な資産になります。
これを相続するときには日用品に比べると少し手間があり、いくつか揃えるべき書類があります。

そのような手間や書類が必要なのは、車は持ち主が明確になっているからです。
その車が誰の持ち物なのかは、はっきりと名前が決まっています。
その持ち主以外でも使用はできますから、普段はあまり意識する機会がないかもしれません。
しかし正式には持ち主がちゃんと決まっており、その持ち主以外の人が勝手に車を処分したりできないようになっています。

だからこそ問題になるのが相続なのです。
車が相続財産に挙がるということは、その車の持ち主は今回亡くなった被相続人になっているということです。
持ち主がいないとその車の処分などができないのに、その人が亡くなってもういないという状況なのです。

この状況から相続人がその車を相続するには、専用の名義変更の手続きが必要になります。
これは相続以外でもできる手続きなのですが、相続での手続きが大変なのは、このときは本来の持ち主がいない中での手続きになるからです。
ここでは相続があったことを示す書類などを揃えないといけません。

必要なのは、まずその車の持ち主が亡くなったことを示す書類です。
戸籍謄本、除籍謄本などがそれにあたります。
次に相続人全員の名前が載っている戸籍謄本が必要です。
次に、新しくその車の持ち主になる相続人の印鑑証明書が必要です。
このほか、遺産分割協議書も必要です。
遺産分割協議書には相続人全員の実印が押されていることが必要ですから、注意してください。

相続があったことを示すこれら一連の書類のほか、今対象になっているその車の車検証が必要です。
これら書類を揃えて手続きをすると、元の持ち主がいない中でも名義変更の手続きが完了します。
手続き先は運輸局となりますが、これら車関係の手続きはディーラーを通して行うことも多いでしょう。
その車の整備などをずっと頼んでいるディーラーなどがいる場合、そちらに相談してみるのもおすすめです。

このように車を相続するときは必要な書類を用意して、名義変更の手続きを行います。