自動車の相続 - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 自動車の相続 » 自動車の相続

自動車の相続

遺産相続の対象となる財産はたくさんありますが、一般家庭でも相続する可能性の高い財産として自動車があげられます。
自動車は一家に一台はあるところがほとんどですし、地方都市だと自動車はメインの移動手段になることも多く、かなり高い確率で相続の対象になるのではないでしょうか?

それでは自動車の相続はどのような流れで進めていけばいいのかをお伝えしていきたいと思います。
まず相続の対象となる自動車は亡くなった被相続人名義のもので、被相続人が運転していたけど名義人が異なる自動車は相続の対象になりません。

逆に被相続人が運転していなくても名義人が被相続人であれば、それは被相続人名義のものですから相続財産としてカウントされます。
加えて自動車の状態も相続にそれほど影響するわけではなく、新車であろうが廃車寸前であろうが自動車として相続することになります。

自動車は被相続人が亡くなった時点で相続人の共同保有という形になりますので、どういう形にするにしろ、まずは相続手続きをしていかなければなりません。
そこで最初にやるべきことは誰が相続人になるのかを決めることで、遺言書が残されていればそこに記載されている通りに進めていきますが、残されていない場合はほかの財産と同様に遺産分割協議で決めることになります。

遺産分割協議は相続人全員が集まって行う必要がありますので、財産調査と一緒に戸籍調査を行い、すべての相続人を揃えてからスタートさせます。
最終的に遺産分割協議書を作成し、誰が相続人になるのかを決めてください。

法定相続分など基準になる法律もありますから、そういったものも参考にして決めるトラブルになる可能性も少なくなります。
相続人が決まったら、あとは相続人が個人的に相続手続きを行い、その後どうするのかを決めます。

相続手続きは陸運局での名義変更になりますので、その際には遺産分割協議書、住民票、印鑑証明書、戸籍謄本、実印、委任状、車検証が必要になります。
そして廃車手続きをする場合は遺産分割協議書、住民票、印鑑証明書、戸籍謄本、実印、車庫証明を用意してください。

ただし車庫証明は相続人と亡くなった自動車の所有者である被相続人との住所が同じ場合は必要ありません。
このように手続きによって必要な書類はやや異なるものの、基本的には陸運局で名義変更を行ってからどうするのか決めれば良いという考え方でいいでしょう。

それほど難しい手続きではありませんので、疑問点があれば陸運局に問い合わせてみてください。