家庭用財産の相続の記事一覧 - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 家庭用財産の相続

家庭用財産の相続

相続した骨董品の評価

骨董を趣味にしている人もおられますから、そういう人が亡くなったときは多くの骨董品が相続財産として残されることになります。
骨董品はすべてが高い価値があるわけではありませんが、ものによっては高額な価値がつく場合もあります。
そのような品物はもちろん相続財産に含めるのが通例です。
このときはそれらにいくらの価値があるのか、骨董品の評価を行う必要があります。
≫ 『相続した骨董品の評価』

骨董品の価値

近年、遺産相続のときに話題になるのが骨董品の価値についてで、困っている相続人が増えていると聞きます。
骨董品と聞くととても高価なものをイメージしますし、財産としての価値がとても高く持っていると得をするのでは?と思われるかもしれませんが、実はそうでもない場合があるのです。

遺産相続には相続税が発生する場合があって、これは相続した財産の総額から基礎控除額あるいは配偶者控除額を引いた金額が対象になります。
たとえば被相続人に配偶者と子供2人いた場合、基礎控除は3000万+(相続人の人数×600万)の計算式で計算することができますから、この場合は3000万+(3×600万)になりますので基礎控除額は4,800万円になります。

≫ 『骨董品の価値』

骨董品の評価について

遺産相続をするときに気になるのが相続税が発生するかどうかですが、これはまず残された遺産を誰が相続するのかというところからスタートします。
遺言書が残されていればそれに沿って進めていけばいいものの、残されていない場合は財産調査や戸籍調査を行って遺産の価値と法定相続人が誰かを明確にしなければなりません。

その後遺産分割協議を開いて遺産分割を行い、それから法定相続人が各々計算して相続税を納めていきます。
相続税が発生するかどうかは相続する遺産の総額から基礎控除額あるいは配偶者控除額を引いた金額の有無で決まり、ある場合はその部分が相続税の対象になります。

したがって相続税は必ずしも発生するというわけではなく、基礎控除額や配偶者控除額より少なければ発生しないのです。
しかしその計算をするためには遺産の評価を明確にしなければすることができませんので、相続の対象となっている遺産をひとつひとつ評価していかなければなりません。

≫ 『骨董品の評価について』

骨董品の相続税

亡くなった家族の遺産について調べていると、思わぬところから予想していなかったものが出てくるケースがあります。
一般的に遺産相続の対象となる財産は預貯金などの現金や賃貸マンションや賃貸アパート、貸家、オフィスビルなどの建物・土地などの不動産、株式などがあげられますが、それ以外にも対象となる財産はたくさんあります。
≫ 『骨董品の相続税』

自動車の相続税

家族が亡くなり、通夜・葬儀が終わると悲しみに暮れる暇もないまま遺産相続手続きを進めなければなりませんが、遺産相続はたびたび家族間でトラブルになる原因とも言われています。
遺産相続の際には必ず遺産分割協議を行い、誰がどの財産を引き継ぐか話し合うか、遺言書が残っている場合はそれを検認して正当なものだと判断されると遺言書の内容に沿って進めていきます。

≫ 『自動車の相続税』

自動車の相続は陸運局へ

自動車は遺産と呼ばれる被相続人が生前所有していた財産の中に含まれ、これを相続するときには名義変更をしなければなりません。
それでは自動車を相続ずるときの名義変更はどのような流れで進めていけばいいのでしょうか?

まずはじめに遺産分割協議を行い、単独相続するのか共同相続するのか決めますが、一般的に自動車は単独相続することが多いと思います。
名義変更は陸運局で手続きをする必要があり、この際にいくつか準備しておかなければならないものがあります。

≫ 『自動車の相続は陸運局へ』

思い出かお金か

Aさんの体験談を紹介しましょう。
Aさんには父親と3人の兄弟がいました。
父親は生前に美術品を集めるのが趣味で、コレクションの数はかなりのものだったと言います。
でも父親は癌で他界し、兄弟で話し合い不動産や預貯金の分配については滞りなく話が進んだそうです。
でも問題となったのが、美術品のコレクションでした。
≫ 『思い出かお金か』

家庭用財産の評価について

自動車や貴金属・骨董品だけに限らず、お金に換えられる物全ては家庭用財産としての取扱いになります。
でも数があまりにも多く、遺産分割協議でも話題にならないことが多いようです。
確かに多くは価値が低いものになるので、わざわざ話し合う必要もないでしょう。
でも中には信じられない価値がつくものも含まれているので、専門家に頼むことになるかもしれません。
≫ 『家庭用財産の評価について』