家庭用財産の相続の記事一覧 - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 家庭用財産の相続

家庭用財産の相続

思い出かお金か

Aさんの体験談を紹介しましょう。
Aさんには父親と3人の兄弟がいました。
父親は生前に美術品を集めるのが趣味で、コレクションの数はかなりのものだったと言います。
でも父親は癌で他界し、兄弟で話し合い不動産や預貯金の分配については滞りなく話が進んだそうです。
でも問題となったのが、美術品のコレクションでした。
≫ 『思い出かお金か』

家庭用財産の評価について

自動車や貴金属・骨董品だけに限らず、お金に換えられる物全ては家庭用財産としての取扱いになります。
でも数があまりにも多く、遺産分割協議でも話題にならないことが多いようです。
確かに多くは価値が低いものになるので、わざわざ話し合う必要もないでしょう。
でも中には信じられない価値がつくものも含まれているので、専門家に頼むことになるかもしれません。
≫ 『家庭用財産の評価について』

骨董品の評価方法

家庭用財産の中には、骨董品が含まれていることもあります。
もちろん財産になるので相続税の対象となりますが、骨董品がどのように評価されているか分からないという方も多いでしょう。
そこで骨董品の評価方法について、取り上げてみたいと思います。
≫ 『骨董品の評価方法』

自動車の評価方法

自動車も家庭用財産に含まれており、相続税の課税対象にもなります。
課税対象になると聞けば、気になるのが自動車の評価方法でしょう。
ただ自動車は財産評価基本通達(国で決めている評価を割り出す計算方法)で特に決まっていないので、中古車の査定と同じように評価を割り出します。
≫ 『自動車の評価方法』

貴金属の評価方法

貴金属は家庭用財産となるので、相続税はかかります。
では一体幾らの相続税がかかるのか気になる所ですが、貴金属だけに限らずどの財産も評価を元にして相続税が算出されます。
そこで貴金属の評価方法について、簡単ではありますが取り上げます。
≫ 『貴金属の評価方法』

骨董品の相続

生前は骨董品が趣味だったという方も、大勢いらっしゃるかと思います。
もちろんこれらはお金に換えられる物になるので、家庭用財産としての取扱いになります。
では骨董品を相続した際にかかる相続税には、一体幾らかかるのでしょうか。
ヒントとなるのが「基礎控除額」です。
≫ 『骨董品の相続』

自動車の相続手続き

家庭用財産には、自動車も含まれています。
もし自動車を相続するのならば「名義変更」が必要になるのですが、何故か手続きをせずにそのまま使用しているという方も多いようです。
自動車を何の手続きもせずに乗っていても、なんの不自由も感じないら良いと思われるかもしれません。
でも手続きをしなければ、後になって困ることになります。
≫ 『自動車の相続手続き』

課税対象となる財産

家庭用財産とは不動産や現金とは別に、金銭的に価値のある財産が含まれます。
動産とも呼ばれており、具体的には家具・自動車・貴金属・骨董品・電話加入権も含まれます。
ではこれらの家庭用財産は、相続税の課税対象となるのでしょうか。
結論を先に言えば答えは「YES」です。
≫ 『課税対象となる財産』