自動車の相続手続き - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 家庭用財産の相続 » 自動車の相続手続き

自動車の相続手続き

家庭用財産には、自動車も含まれています。
もし自動車を相続するのならば「名義変更」が必要になるのですが、何故か手続きをせずにそのまま使用しているという方も多いようです。
自動車を何の手続きもせずに乗っていても、なんの不自由も感じないら良いと思われるかもしれません。
でも手続きをしなければ、後になって困ることになります。

手続きをせずにそのまま自動車に乗り続けているということは、自動車の名義は被相続人のままになります。
だから近い将来車を買い換えようと思っても、車に関する手続きは一切出来なくなります。
また後になって手続きを行ったとしても、時間が経ってしまうと手続きが上手く進まなくなることも考えられます。
更に自動車の手続きを放置してしまったが為に、他の相続人とトラブルを起こしてしまうこともあり得ない話ではないのです。
自動車を相続したらそのまま何もせずに使用するのは、デメリットでしかありません。

自動車を相続する際には、必ず名義が誰になっているのかを確認するようにして下さい。
ここで勘違いして頂きたくないのは、自動車の使用者が名義人であるとは限らないということです。
だから使用者が被相続人だったとしても、もしローンで購入しているのならば名義はローン会社になっているかと思います。
もしローン会社が名義人になっていた場合は、ローン会社に連絡して使用者が亡くなったこと・ローン残高が幾ら残っているのかも確認するようにして下さい。
この時に返済方法についても、相談した方が良いでしょう。
ただ引き続き使用するのならばまだしも、自動車を乗らないというのならばローン会社は引き取り処分という形をとります。

自動車の手続きは何かと面倒で、出来るならこのまま乗りつづけたいという方もいらっしゃるでしょう。
また免許を所有していない、相続人がいないなど、売り払いたいと考えているかもしれません。
でも自動車を乗らず手放すことになったとしても手続きが必要になるので、しっかりと行うようにして下さい。