骨董品の相続 - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 家庭用財産の相続 » 骨董品の相続

骨董品の相続

生前は骨董品が趣味だったという方も、大勢いらっしゃるかと思います。
もちろんこれらはお金に換えられる物になるので、家庭用財産としての取扱いになります。
では骨董品を相続した際にかかる相続税には、一体幾らかかるのでしょうか。
ヒントとなるのが「基礎控除額」です。

骨董品も含めた遺産総額が一定額以内であれば、相続税を納める必要はありません。
「3,000万円+600万円×法定相続人の数」で求めた数字が低ければ、相続税は免除されます。
例えば法定相続人の数が3人だとすれば、「3000万円+600万円×3」で4800万円が基礎控除額になります。
つまり遺産総額が4800万円以下であれば、相続税は必要ないという訳です。
つまり骨董品だからという訳ではなく、財産となる物全てについて考える必要があります。

しかし遺産総額を求めるにしても、骨董品が含まれているとなると専門家の鑑定を受けた方が良いかもしれません。
専門家に鑑定となると少々値が張るものの、後で起きてしまうトラブルを考えれば安い物です。
そして鑑定を受けた上で相続人同士で話をつけて、お互いが納得した上で分配していきます。

ただ中には歴史的な価値が非常に高く、数十万円どころか値段がつけられない程の高価な骨董品を所有しているという方もいらっしゃるかもしれません。
高額な骨董品ともなれば、かかる相続税もかなりのもので支払いに苦労するのは目に見えています。
もし歴史的な価値が非常に高い骨董品が相続財産に含まれているのならば、国営や県営の美術館に寄付してみては如何でしょうか。
寄付をした場合は相続財産に含まれないという、「特例制度」が設けられているので、税金の支払いに苦労することも無いでしょう。

骨董品の価値は意外と分かりにくいもので、専門家でなければ判断のしようもありません。
ただ骨董品が原因で相続税の支払いが困難になる程のケースはほとんど無いので、そこまで心配する必要もないかと思います。