骨董品の評価方法 - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 家庭用財産の相続 » 骨董品の評価方法

骨董品の評価方法

家庭用財産の中には、骨董品が含まれていることもあります。
もちろん財産になるので相続税の対象となりますが、骨董品がどのように評価されているか分からないという方も多いでしょう。
そこで骨董品の評価方法について、取り上げてみたいと思います。

骨董品の評価は基本的に「財産評価通達」において、「精通者意見価格等を参酌して評価する」とあります。
もう少し簡単に説明すれば、骨董品等に詳しい人に鑑定してもらい評価するということです。
しかし骨董品と一言で言っても数十円のものから、上は数億円クラスのものまであります。
一体どのような形で鑑定されるのでしょうか。
骨董品は手掛けた作者・時代・状態等を総合的に判断して、評価を弾き出します。
最近は骨董品の写真をメールで送り、鑑定してもらう所もあるそうです。
そして鑑定した結果、数十万円程度のものならば「家財」扱いとなります。

しかし中には数億円の価値のある骨董品もあり、それこそ歴史的に価値の高い物も含まれているかもしれません。
もし数億円の価値があるのならば、かかる相続税もかなりのものになります。
でも数億円近い価値がある骨董品で、尚且つ歴史的にも非常に価値の高い物であれば、美術館に寄贈することをお勧めします。
寄付という形で美術館に渡すと相続税はかかりませんが、贈与税がかかってしまうので要注意です。
でも寄贈という形で骨董品を送れば、相続税や贈与税も発生しません。

相続税や贈与税が免除される理由は、美術品・骨董品不足です。
今の美術館や博物館は寄付や寄贈に頼っているのが現状で、展示品の数々は決して十分とは言える状態ではありません。
また価値のある骨董品や美術品を保護する為にも、寄贈・寄付された物には税金を免除しようという訳です。
ただし何もかも受け入れているという訳では無く、あくまでも歴史的に価値のある骨董品のみです。
数百万円の骨董品となると突き返されてしまうかもしれないので、要注意です。