自動車の相続は陸運局へ - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 家庭用財産の相続 » 自動車の相続は陸運局へ

自動車の相続は陸運局へ

自動車は遺産と呼ばれる被相続人が生前所有していた財産の中に含まれ、これを相続するときには名義変更をしなければなりません。
それでは自動車を相続ずるときの名義変更はどのような流れで進めていけばいいのでしょうか?

まずはじめに遺産分割協議を行い、単独相続するのか共同相続するのか決めますが、一般的に自動車は単独相続することが多いと思います。
名義変更は陸運局で手続きをする必要があり、この際にいくつか準備しておかなければならないものがあります。

ひとつめは被相続人が亡くなったことを証明する除籍謄本で、これは発行から3カ月以内の被相続人のもので相続人全員の名前が記載されているものでなければなりません。
婚姻などによって戸籍を変更している場合は原戸籍謄本、そして戸籍謄本も必要になります。
加えて婚姻関係があることや、被相続人との関係を示す出生の証拠となるものも用意してください。

次に新たに単独名義人となる人の印鑑証明書と委任状も必要で、印鑑証明書は除籍謄本同様に発行から3ヵ月以内のものに限り有効です。
委任状には必ず実印を押しておかなければなりません。
そのほかにも検査有効期限のある自動車検査証、申請書(OCRシート1号)、手数料納付書(登録印紙500円貼付)、発行からおよそ1か月以内の車庫証明(使用の本拠が変わる場合)、自動車税申告書を用意してください。
共同相続となる場合でも用意する書類は基本的に同じで、印鑑証明書や委任状は相続する人全員のものが必要になります。

また、相続を家族以外が行う場合は少しややこしい段階を踏まなければならず、たとえば自分の祖父名義だった自動車を自分の友人が引き継ぐことになった場合は、まず相続人に名義を移してから友人へ名義変更することになります。
これはダブル移転と呼ばれる方法ですが、ややこしいので自分たちだけでやるのではなく専門家の力を借りることをおすすめします。
手続きは自動車の手続きに詳しい行政書士に依頼するのがおすすめで、最近ではインターネット上から申し込みや相談することもできます。

行政書士に限らず専門家へ依頼するときには必ず十分な情報収集を行い、その人が信頼できる人物か、実績をきちんと残しているのかを確認してください。
そして実際に話してみて合うと思ったら依頼するといいでしょう。
行政書士に依頼すれば陸運局はじめ各申請書類の作成もしてくれますし、分からない点についてはアドバイスしてくれるので安心です。