自動車の相続税 - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 家庭用財産の相続 » 自動車の相続税

自動車の相続税

家族が亡くなり、通夜・葬儀が終わると悲しみに暮れる暇もないまま遺産相続手続きを進めなければなりませんが、遺産相続はたびたび家族間でトラブルになる原因とも言われています。
遺産相続の際には必ず遺産分割協議を行い、誰がどの財産を引き継ぐか話し合うか、遺言書が残っている場合はそれを検認して正当なものだと判断されると遺言書の内容に沿って進めていきます。

遺言書がある場合は被相続人の意思があらかじめ示されているのでいいのですが、遺産分割協議となると家族間で話し合って決めるので分割が難しいものに関して協議が長引くことがあります。
土地や建物などの不動産はものによっては分割も可能なので比較的スムーズに進むことも多く、逆に自動車など小さな財産のほうが協議が難しくなることがあります。
自動車は基本的に単独名義で所有するのが好ましいとされていますし、相続するとしても当然単独名義で変更するのが一般的です。
ですからトラブルにならないためにはこういった動産もきちんと評価してもらい、そのうえで分割していくことが好ましいでしょう。

自動車も当然相続税の対象になりますので、きちんとした評価をするためにもどういう形式で評価するのか知っておかなければなりません。
こういった財産は基本的に売却するときの価格が基本になりますから、たとえば中古車買い取り業者に売るときの価格がその自動車の評価額となります。
よく自動車の評価を買値と間違える人も多いので、そうするとかえって金額が大きくなってしまい相続税の課税額も大きくなる可能性もありデメリットになりますので注意してください。
評価をしてもらうときに一番手っ取り早いのは中古車買い取り業者に査定してもらって見積もりを出すことで、この際に必ず複数の業者を利用してください。
あらかじめ評価額を知っておけば相続した後に売却するとしてもスムーズに進められますし、もちろん相続税の計算にも役立ちます。

相続することが決まったら名義変更手続きを行いますが、このときには相続人自身の申請書・譲渡証明書・車庫証明・車検証・自賠責保険証が必要になりますし、遺産分割協議書ともともとの所有者だった被相続人が亡くなったことを証明する除籍謄本を用意します。
自動車を相続する場合は自分でそのまま引き継いだり、売却、廃車などいろいろな手段が考えられますから、できれば詳しい専門家に相談しながら手続きを進めたほうが確実かつスムーズにできます。