骨董品の評価について - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 家庭用財産の相続 » 骨董品の評価について

骨董品の評価について

遺産相続をするときに気になるのが相続税が発生するかどうかですが、これはまず残された遺産を誰が相続するのかというところからスタートします。
遺言書が残されていればそれに沿って進めていけばいいものの、残されていない場合は財産調査や戸籍調査を行って遺産の価値と法定相続人が誰かを明確にしなければなりません。

その後遺産分割協議を開いて遺産分割を行い、それから法定相続人が各々計算して相続税を納めていきます。
相続税が発生するかどうかは相続する遺産の総額から基礎控除額あるいは配偶者控除額を引いた金額の有無で決まり、ある場合はその部分が相続税の対象になります。

したがって相続税は必ずしも発生するというわけではなく、基礎控除額や配偶者控除額より少なければ発生しないのです。
しかしその計算をするためには遺産の評価を明確にしなければすることができませんので、相続の対象となっている遺産をひとつひとつ評価していかなければなりません。

相続できる財産は預貯金などの現金はもちろん、マンションやアパートや戸建て住宅などの不動産、自動車、株式や有価証券などがありますが、これらはそれぞれ評価方法が違いますがその手段はあります。
ただ、遺産の中には評価が難しいものもあって、その代表的なものが骨董品です。

骨董品の評価は明らかに知名度の高いものであれば高値がつくことが分かっているので簡単なのですが、一部のコレクターのみが収集するようないわゆるマニアックなものについては評価が難しい場合も少なくありません。
骨董品と聞くと高価なイメージがあるかもしれませんが、それはほんの一部でほとんどの場合相続のときに困ってしまうそうです。

骨董品の評価方法としてよくあるのが鑑定士に鑑定してもらう方法ですが、実はほとんどが鑑定料のほうが高くなっているのが現実です。
特に美術品は今買い手も少なくなってきており、よっぽど知名度のあるものでなければ買取もしていないところが多いので、持ち込むだけ無駄になってしまうこともあります。

それでは骨董品が残されている場合はどうすればいいのかと言うと、もっとも簡単なのは家具の部類に入れてしまって売るならリサイクルショップなどに引き取ってもらう方法です。
あまり高価なものとして相続しても相続税がかかってしまって支払えなくなるかもしれませんから、そのリスクを避ける意味でも家具として相続するのがもっとも簡単で適切ではないでしょうか?