相続した骨董品の評価 - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 家庭用財産の相続 » 相続した骨董品の評価

相続した骨董品の評価

骨董を趣味にしている人もおられますから、そういう人が亡くなったときは多くの骨董品が相続財産として残されることになります。
骨董品はすべてが高い価値があるわけではありませんが、ものによっては高額な価値がつく場合もあります。
そのような品物はもちろん相続財産に含めるのが通例です。
このときはそれらにいくらの価値があるのか、骨董品の評価を行う必要があります。

この骨董品の評価の方法ですが、基本は専門家への鑑定となります。
骨董品は一般人が自分でその価値を調べるのが困難な品物です。
そしてこれは税務署でも同じことで、税務署の職員や税務調査官もその骨董品の価値を正確に判断することはできません。
これの評価は、その骨董品の鑑定を行っているプロへ依頼し、その評価額をそのまま使用します。

この結果、その骨董品に100万円の価値があるとわかれば、100万円の骨董品として個別に相続財産にリストアップしてください。
もしこれが1000万円、1億円といった価値でも同じことです。

このように相続した骨董品の評価はプロに鑑定を依頼するのが基本ですが、これが必ずしも必要ない場合もあります。
それはその骨董品にあまり価値がないと思われるときです。
たとえば500万円で購入した壺など、やはりプロに鑑定を依頼したいところですが、そもそも買値が数万円程度だった品など、そちらに高い値がつく可能性は低いですね。

このような骨董品は家財として扱う場合もあります。
つまりその骨董品単体で、必ずしも鑑定を依頼するといった対応が必要ないということです。

鑑定が必要かどうかは主に買値で判断するほか、その骨董品が価値あるものとして以前から外部からも評価されていたかどうかでも判断できます。
その骨董品が名のあるものと評価されており、美術館や展示会へ貸し出していたものなど、鑑定をした方が安心です。
そのような骨董品は税務署の方でもすでに把握していることが多く、その品物の持ち主が相続で変更になったときなど、その骨董品単体での鑑定を指示することも多いからです。

このように相続した骨董品の評価は鑑定を利用するのですが、このときの鑑定料は相続人の方で負担する必要があります。
その費用は相続税の控除にも使えないため、完全に相続人の自己負担となります。
さらにこのとき、鑑定料の方がその品物の価格より高くなることも多いです。
そのため鑑定を行うかどうかは、その骨董品の買値や外部評価などで判断するといいでしょう。
なお、価格のわからない骨董品が原因で遺産分割協議がもめることもありますから、そのトラブル防止のためにすべての骨董品を鑑定に出すのも、もちろん構いません。