車の簡易相続手続き - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 自動車の相続 » 車の簡易相続手続き

車の簡易相続手続き

故人が車を持っているケースは比較的よくありますが、そのときは車も相続財産となります。
このときの相続手続きとして、名義を変更しないといけません。
車は所有者を確定する資産となるため、相続前のその車の名義は故人の名前になっているのが普通です。
これを相続した方の名前に変更する手続きが必要なのですが、このときの手続きには多くの書類が必要になり、手間がかかります。
これを簡易な手続きで終わらせる方法もあります。

ただ最初に確認しておきたいこととして、この簡易な方法を使える方の条件があります。
誰でもこの方法を使えるのではありません。
これが使えるのは、その車の価値が100万円以下だった場合のみです。
つまり相続財産となる車があまり高価なものでない場合、この簡易な相続手続きが使えるのです。

この相続手続きをするとき、本来は相続人全員分の戸籍謄本や、全員の実印が必要となる遺産分割協議書が必要になります。
特定の相続人がその車を相続するときでも、その他の相続人全員の協力が必要になるわけです。
この点が手間だと感じられやすい部分です。

これが簡易的な手続きになると、不要になります。
必要な戸籍謄本は相続代表者分のみとなります。
このときの代表者は、実際にその車を相続する本人となることが多いでしょう。

普通なら必要な遺産分割協議書も、このときは遺産分割協議成立申立書で間に合います。
この2つの書類の違いですが、申立書の方は提出する本人が1人で作成できるのです。
その書類を作成するために他の相続人から署名と捺印をもらわなくて済むため、やはり手間がなく、簡易な手続きだと感じられるでしょう。

故人が持っていた車を相続するとき、この簡易な方法を使えそうなら、積極的に使うといいです。
それだけ手間がなくなり、スムーズに相続の手続きが終わります。

なお、この簡易な手続きだとしても、変わらない必要書類もありますから、ここは注意してください。
たとえば元の所有者だった被相続人の死亡の事実が確認できる書類として、故人の戸籍謄本などは変わらず必要です。

また、この手続きを取れるのは、今対象になっている車の価格が100万円以下の場合のみですから、それを証明する書類も必要です。
これは個人で作成するのではなく、ディーラーなどに査定してもらい、その書類を発行してもらいます。

それだけ手間がかかると思われそうですが、もとからこの相続手続きはディーラーを通すことも多いため、この簡易な手続きにしたからと、手間が無駄に増えるわけではありません。
安価な軽自動車などを相続する際は、このような簡易な手続きが使えないか、考えてみるといいでしょう。