相続した車を廃車にしたい - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 自動車の相続 » 相続した車を廃車にしたい

相続した車を廃車にしたい

故人が車を持っていた場合、その車も相続財産になります。
しかし車はお金もかかりますし、停めておく場所も必要です。
普段車に乗っていない方がこれを相続する場合、特にメリットがないため、そのまま廃車にしたい方もおられるでしょう。
このときはどうすればいいのでしょうか?

基本的な流れは、まずは車の相続の手続きを済ませたあと、廃車手続きを取ります。
相続の手続きが終わらないうちは、廃車の手続きはできません。
なぜかというと、車は持ち主が指定されており、その持ち主だけが売却や廃車の手続きができるためです。
それ以外の方がそれをできると、知らないうちに車が売られたり、廃車されたりする恐れがありますから、これら手続きは持ち主限定となっています。

これから相続する車で問題になるのは、この持ち主情報です。
故人の持ち物だった車なら、正式な持ち主は故人の名前になっているはずです。
この状態では、故人しかその車の売却や廃車ができません。
そのためまずは相続手続きを取り、その車の持ち主情報を相続した方に変更します。

このときに必要なのが、故人が死亡したことや、相続人がその車を相続したことを証明できる書類です。
故人の死亡の事実がわかる戸籍謄本、相続人全員の記載がある戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本、車を相続する方の印鑑証明書、遺産分割協議書などが必要になります。
このほか、その車に関する書類として、車検証や車庫証明書も必要になりますから、これら一連の書類を揃えて、陸運局で手続きをします。
少し手間がありますが、これで故人の車の名義変更ができれば、あとは相続した方の意思で車を廃車できるのです。

ポイントは相続した車の名義変更となります。
これが少し手間ですが、相続する車の種類によっては、少し簡単な手続きでこれをやれることもあります。
これができるのは、その車の価値が100万円以下と、あまり価値が高くないときです。
このときは少し簡単な手続きとなり、必要書類が少し変わります。

その車を相続する方が一人で用意できる書類だけで手続きができるようになり、車を相続しない他の相続人の書類や捺印などが不要になるのです。
そのため比較的簡単に車を相続でき、廃車手続きもややスムーズになります。

相続した車の廃車はこのようになるのですが、この名義変更の手続きだけを代行してくれたり、その後の廃車や売却まで含めてノンストップで対応してくれたりする業者もいます。
あまり手間をかけたくないときは、これら業者を利用するといいでしょう。