相続した車両の評価 - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 自動車の相続 » 相続した車両の評価

相続した車両の評価

車を相続するとき、その車両の評価が必要になる場合も多いです。
財産を相続したときは、総額いくらの財産を相続したのか、その評価額を出す必要があるためです。
これに応じて相続税がかかるかを判断します。
このときには相続した財産をすべて調べ、現金価格で総額いくらあるのかを調べるのですが、このときにはもちろん相続する車両も含める必要があります。

しかし車両は現金と違って、その価値がいくらとはすぐにわかりませんよね。
100万円の現金の価値は100万円ですが、故人が残した車両が現金価格でいくらなのか、すぐには判断がつけられません。
このときは指定の方法で評価することになります。

その評価の方法ですが、これはその車両の買取価格が基準となります。
つまりその車両を相続した時点で売却するとき、買取業者などがつける値段が、そのまま評価額として使えるということです。
複雑な計算などは必要ない、比較的シンプルな評価方法となります。

この車両の評価方法を使うとき、似た価格と間違えないように気をつけてください。
よくあるのが、その故人が残した車と同じモデルの中古車の販売価格を参考にすること。
これは相続する車の評価方法としては、あまり使えない方法です。

中古車の販売価格には、それを売ることで得られる業者の利益分が上乗せされています。
つまりその車両の純粋な評価額ではないわけです。
こちらの価格を参考にすると、本来の評価額よりも高くなり、相続税の計算をするときに税金がかかりやすくなります。
相続人にとって不利な評価方法となりがちですから、なるべくその車両の買取価格の方を調べてください。

これを調べるには、どうしたらいいでしょうか?
たとえば、売却したい車の条件を入力し、買取時の参考価格を表示するサイトを利用すると、おおよその評価額がわかります。
簡単に評価額を知りたいときには便利な方法ですが、しかしこちらはあくまで参考価格となるため、正確な値段はわかりません。

一番確実なのは、試しに買取査定を受けてみることです。
このときに買取業者などから実際に提示される見積額が、比較的正確な評価額となります。

なお、査定を実際に受けるとき、相続のための評価額を知りたいためといった事情は、無理に説明する必要はありません。
手軽に査定を受けられる業者もありますから、そちらを利用し、仮に売ったとしたらいくらになるのか、それを調べてください。
なお、相続する車両の評価額は、相続が開始された時点での買取価格を使用します。
それより以前に調べた買取査定額は使えませんので、改めて評価額を調べてください。