相続する不動産で借地権の考え方 - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 家庭用財産の相続 » 相続する不動産で借地権の考え方

相続する不動産で借地権の考え方

相続

不動産の相続で考えておきたいこととしては、借地権のことです。
借地権を所有していて、その土地の上に住宅などを建てている方もいるでしょう。
そういう方は、相続の際には借地権がどのようになるのかについても考えておきたいです。
まず、借地権というのは権利ではあるものの、相続をすることが可能です。
しかも、その相続に関しては地主の承諾は必要としていません。
つまり、地主が一方的に拒否するということも原則としてはできないのです。
もちろん、何かやむを得ない事情がある場合は話し合いが必要となりますが、極力は承諾を得ることなく相続することができるので安心して大丈夫です。
ただ、通知だけはしなくてはならないので、そこはしっかりと考えておきましょう。
通知の方法は電話でもメールでも手紙でもはがきでも良いです。
地主とトラブルにならないよう、後々のことを考えてしっかり通知しましょう。

通知の方法としては、「この度は〇〇(被相続人)が死去したため、借地権を相続させていただきました」という旨を伝えるだけで良いです。
ただ、建物を相続しない場合や借地権も相続しない場合などは、また違った通知が必要となってきます。
地主も土地を貸すことによって定期的な収入を得ている場合があるので、一方的に相続放棄を考えている場合は、その旨も相談した方が良いです。
それを拒否することはできませんので、第三者を交えて話し合うことが必要です。
もちろん、相続放棄をせずに建物も土地もすべて相続する場合は、問題ありません。
考え方が他の財産や資産とは異なってくるので、相続が発生した場合は被相続人が借地権を所有していないかどうかも確認しておくことが必要となります。
特に被相続人が死去した後もそこに住もうと思っている方は、相続が必要となります。
その結果、必要となってくることも違ってくるでしょう。
そこはしっかりと把握しておくことが必要となってくるのではないでしょうか。
ただ、そうは言っても知識がない方がほとんどです。
そういう場合は専門家の力を上手に活用するようにしてみてくださいね。

ちなみに、専門家は無料相談を受け付けてくれている方もいるので、気軽に相談しましょう。
相談内容は相続に関することならなんでも良いという場合もありますし、借地権なら借地権のことだけということもあります。
そこは、しっかりと考えて決めていくのが良いでしょう。
もちろん、良い専門家が見つかれば、心強い味方になってくれますよ。