相続する不動産と借地権の移転 - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 家庭用財産の相続 » 相続する不動産と借地権の移転

相続する不動産と借地権の移転

相続

・相続した不動産や借地権をどうする?
以前は借地を借りて家を建てるといったこともよく行われていましたから、親が亡くなったときに借地権と不動産がセットで相続財産になることもあります。
借地権とは他人の土地を使う権利のことで、地主の許可を得てその土地の上に自宅を建てられるのです。
これを利用していた場合、建物については故人の所有物で、土地については使用権を故人が持っていた形になります。
これらはすべて相続財産になりますから、すべて相続すれば故人が住んでいた土地や建物を引き続き使用できます。
しかしこれらを直接相続して使用するよりも、相続後にすぐ移転したい場合もあるでしょう。

たとえば相続人が全員すでに自宅を持っており、故人が住んでいたその土地や家を必要としない場合など、相続するよりも売却したり譲ったりと、移転したい場合の方が多いですよね。
土地も家もすべて故人の名義なら相続後にこのような移転もできなくはありません。
しかし土地が借地権という使用権を持っているだけで自分の所有物ではない場合、移転などできるのでしょうか?

・借地権の移転は難しい?
借地権とその上に建っている建物は通常セットで扱われますから、売却するにせよ、譲渡するにせよ、借地権とその建物の所有権をセットで移転させることになります。
これはできるのかというと、実は不可能ではありません。
地主の許可があれば借地権ごと建物の売却や譲渡もできます。

しかし実際には難しいことも多いのです。
地主から許可がおりるとは限らないためです。
土地を貸すというその運用を地主が今後もずっとやるつもりとは限りません。
むしろ今の借主がいなくなった時点で別の運用を始めるつもりといったケースもあり、借地権の移転を認めてくれない場合もあるのです。
このようなことで、借地権を相続したあとにそれを移転させようとしても地主の許可がおりず、計画が頓挫する場合もありますから注意してください。

・借地権の相続は問題なし
借地権の移転に地主の許可がいると知ると、そもそも相続で故人から相続人へと所有者が移転するのは問題ないのか気になりますよね。
これは問題ありません。
相続については地主の許可は必要ないのです。
そのためその借地権を相続人が相続するところまでは非常にスムーズです。
相続時に地主から移転の禁止や土地の明け渡しを要求されても応じる義務はありません。
移転に地主の許可がいるのは、相続人がそれを相続して第三者へと売却や譲渡をしたいときです。
相続後に借地権とその土地の不動産を移転させるのは難しいことがありますから注意してください。