骨董品の相続と税金 - 土地やお金だけじゃない 家庭用財産の相続

HOME » 家庭用財産の相続 » 骨董品の相続と税金

骨董品の相続と税金

骨董品は一般的に資産という扱いになりますから、それを持っていた方が亡くなったときは、当然それは遺産として扱われます。
このときに心配なのは税金のことでしょう。
その骨董品を相続したために、高額な税金がかかることはあるでしょうか。

これは可能性としてはありますが、どちらかといえばあまりないケースです。
骨董品を相続しても、特に税金はかからなかったというケースも多いのです。
なぜかというと、その骨董品自体にあまり高値がつかないことも多いためです。
相続時にかかる税金は、その遺産の総額が高いほど課税されることが増え、しかもその金額も高くなります。

つまりはその骨董品の相続で税金がかかるかどうかは、その品物の価値によるのです。
しかし骨董品には高値が付きそうなイメージを持っている方も多いと思います。
これは確かにその通りで、非常に高い値段がつく骨董品もないわけではありません。
ただ、相続時に高額な税金がかかるほどの値段というと、それ一点で100万円以上するような場合です。

ほかに特に目立った遺産がなければ、それ一点で1000万円以上といった値段がつかないと、その骨董品の相続により、税金がかかることは少ないのです。
なぜかというと、相続時にかかる税金は、基礎控除が高いのです。
このときは3000万円の控除が必ず適用され、さらには法定相続人1人につき、600万円の控除も追加されます。

これだけの基礎控除があるため、一点につき数万円、もしくは数十万円といった価格の骨董品では、それが原因で税金がかかることは少ないのです。
その骨董品の価値を含めて遺産の総額を計算しても、基礎控除の範囲内に収まることが多く、相続税が一切かからないことも多いためです。
ですからよほど名のある品物を持っているのでない限り、その骨董品の相続で税金がかかることはそれほどありません。

ただ、骨董品にも税金がかかる可能性があることは、知っておきたいポイントになるでしょう。
故人が多くの品物を持っていた場合、それも遺産として集計しないといけません。
各品物の評価額を知りたい場合、専門家に鑑定を依頼します。
それ一点で100万円以上するかもしれない場合は、この鑑定をした方が安心です。

ただ、その品物が名のある一品ではなく、入手時もそれほど高い値段を出していないときは、鑑定などは特にせず、家財の1つに含めても構いません。
鑑定にも費用がかかりますから、どのように対応するかは、その骨董品の見込み額や購入価格で判断するとよいでしょう。